社員紹介

社員紹介
稲生 貴史

設計室 主任

2012年入社

稲生 貴史

コミュニケーションを通じて全員のデザイン力を向上

続きを読む

当社の最大の特徴は、設計のコンセプトやスタイルをトップダウンで下ろすのではなく、
社内コンペを行い、デザイン案を絞り込んで施主に提案するシステムを採用していること。
誰もがコンペに参加できるので、入社したばかりの社員でも、自分のデザインが建物になる可能性があります。
設計者として、自分のイメージしたものが建築として実現すれば、大きな喜びを味わえます。
一方、当社に設計を依頼される施主も、今度はどんな個性的なデザインを提案してくるのかと、とても楽しみにされているようです。
社内コンペというスタイルをとるのは、コミュニケーションを重視しているからにほかなりません。
アイデアを出し合い、コミュニケーションを取りながらデザインをブラシュアップしていく。
いわゆるPDCAサイクルを回し、全員のデザイン力の向上を図っています。
その他、コミュニケーションは、役所の担当者との協議や施主へのプレゼンテーションなど、あらゆる業務の場面で必要になります。
だからこそ、当社ではコミュニケーション能力を重視しているのです。
社内コンペに臨む際、全員アイデアをじっくりと練ることのできる就業時間外に設計を行っています。
厳しいかもしれませんが、各人の成長が早く、このスタイルが当社の強みの源泉にもなっています。
利用する人の家をイメージし、そこから逆算して意匠に反映させる。設計は、まさに感性や人間性の現れるやりがいのある仕事です。

続きを読む

天澤 維

設計室

2012年入社

天澤 維

働きやすい環境で仕事ができ、私生活も充実

続きを読む

建築学科の大学院を出て2か所の設計事務所に勤務。
その後ディベロッパーの企画設計部門で、マンションの企画と設計の仕事を担当していました。
主にファミリー向けマンションを供給する会社でしたが、2008年のリーマンショックの影響を受け、事業縮小を余儀なくされました。
当時の部門責任者が設計技術者の将来を案じ、いろいろな設計事務所に声をかけてくれました。
ほとんどの事務所は仕事が減り、人員整理の状態でしたが、長谷社長から直接お声をかけていただきました。
その時は、たまたま第2子の臨月を迎え、1年後ではどうですかと、話をさせてもらいました。
すると、働ける3か月前に電話がほしいとのこと。12月に出産し、約束どおり9月に電話しました。
熱心に誘っていただいたのは、どんなマンションを企画するか、戦略的に強化したいという意図だったとうかがっています。
現在は、時短勤務で仕事をしています。具体的な内容は、役所に提出する建築確認申請などの書類や資料の作成、違法かどうかチェックを行えるソフトでの確認など、サポート業務が中心です。
フルタイムということも考えましたが、少し無理をして体調を崩したこともあり、下の子が小学生になった現在でも、柔軟に時短勤務を認めてもらっています。
一人ひとりの家庭の状況に合わせた働きやすい環境に配慮してくれるので、家族との時間も持て、PTAの役員をするなど、公私にわたって充実した生活を送っています。

続きを読む

小宮山 義人

設計室 副室長

2011年入社

小宮山 義人

長く世の中に残る意匠を設計する喜び

続きを読む

建築学科で意匠について研究していました。就職活動は、設計事務所を中心に探していました。
当社のことは、ネットで探して見つけ出し、特にサイトに載っている作品を見て、“頑張って設計している”と、強い印象を持ちました。
多くの設計事務所では、数年は上の人に付き、一緒に仕事をしていきながらスキルを磨き、何年かして初めて設計を任されるのが普通です。
しかし、驚いたことに、夏休みにアルバイトにきていたときでも、設計の社内コンペに参加させてくれたのです。
実力があれば、どんなに若くても、自分の作品をカタチにできるというのは新鮮な驚きでした。
入社後も、日常の設計業務に加え、社内コンペの機会があれば、必ず参加しています。自分の作品が選ばれ、マンションになったことが何度もあります。
しかし、心から自分で満足のいく意匠を実現できることはそれほどありません。コンクリート構造物のマンションは、世の中に長く残ります。
きちんとメンテナンスをすれば、100年持つと言われています。それだけに設計者の責任は大きく、比例して大きなやりがいを感じられ、設計技術者ならではの喜びも味わえます。
最近の物件では、青山のマンションを設計しましたが、土地柄や住む人にふさわしい意匠ができたと満足しています。
今後は、マンションだけでなく、自分の可能性を広げるためにも、公共施設や戸建て住宅などの設計も手がけていきたいと考えています。

続きを読む